top

王様のためのホログラム

トム・ハンクス主演最新作!遠い遠い異国の地で気づいた。人生は、なんとかなる!

2017/2/10(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督・脚本:トム・ティクヴァ
出演:トム・ハンクス、アレクサンダー・ブラック、サリタ・チョウドリー、シセ・バベット・クヌッセン、ベン・ウィショー、トム・スケリット
原作:デイヴ・エガーズ「王様のためのホログラム」(吉田恭子訳、早川書房刊/2016年12月発売)
配給:ポニーキャニオン
(C) 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

王様のためのホログラム

ムビチケカード発売中!!
トム・ハンクスも絶賛!映画原作本発売中!!
2017/2/10(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー © 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 配給:ポニーキャニオン

ムビチケカード発売中!1500円(税込)※当日一般1,800円の処

オリジナルクリアファイル

劇場窓口でお買い求めの方に、
オリジナルクリアファイル
【A5サイズ】プレゼント!
※特典はムビチケカード1枚につき1つ。
※一部劇場除く。
※無くなり次第終了。

トム・ハンクスも絶賛!
映画原作本発売中

トム・ハンクスが大絶賛したベストセラー小説の映画化。迷えるすべての人を応援する人生讃歌!

トム・ハンクスが大絶賛したベストセラー小説の映画化。迷えるすべての人を応援する人生讃歌!

デビューから30余年、数々の名作に主演し、アカデミー賞®に5度ノミネート、そのうち2度の受賞を果たしたトム・ハンクス。映画史に残る演技派俳優にして、最近ではSNSで1200万人を超えるフォロワーを抱える圧倒的なスターが、ある1冊の本を大絶賛するツイートを投稿した。ピューリッツァー賞、全米図書賞ノミネート経験を持つベストセラー作家デイヴ・エガーズの小説だ。それから4年、名優と名作の出会いが、遂に映画として結実した!

監督は、トム・ハンクスとは『クラウド アトラス』に続くタッグとなる、鬼才トム・ティクヴァ。彼の作品の常連であるベン・ウィショーも重要なシーンに登場する。
次から次へと襲いかかる異文化の嵐。けれど流れに身を任せた時、大切なものが見えてきた。幸せは思わぬところに落ちている──人生に迷うすべての人を応援するハートフルストーリー!

エリート人生から転落したアランに与えられたミッション- それは、砂漠で王様に最先端の映像装置<3Dホログラム>を売ること

エリート人生から転落したアランに与えられたミッション- それは、砂漠で王様に最先端の映像装置<3Dホログラム>を売ること

立派な車もステキな家も美しい妻も、煙のように消えてしまった。すべてを失くした男の名はアラン。大手自転車メーカーの取締役だったが、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行く。ところが砂漠に到着すると、オフィスはただのボロテントでエアコンも壊れ、Wi-Fiもつながらなければランチを食べる店さえない。抗議したくても担当者はいつも不在(居留守かも?)、プレゼン相手の国王がいつ現れるのかもわからない。上司からはプレッシャーをかけられ、ついには体も悲鳴をあげる。追いつめられたアランを助けてくれたのは、予想もしない人物だった──。

写真

Cast

Cast

トム・ハンクス|アラン・クレイ

1956年、アメリカ、カリフォルニア州生まれ。俳優として数々の受賞歴を持つだけでなく、プロデューサー、監督としても活躍。ジョナサン・デミ監督の『フィラデルフィア』(93)、ロバート・ゼメキス監督の『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)で2年連続アカデミー賞®を受賞し、ペニー・マーシャル監督の『ビッグ』(88)、スティーヴン・スピルバーグ監督の『プライベート・ライアン』(98)、ゼメキス監督の『キャスト・アウェイ』(00)で同賞にノミネートされる。ハリウッドのトップに立つ演技派俳優として世界中に認められ、その名声は今日まで高まり続けている。

アレクサンダー・ブラック|ユセフ

1983年、アメリカ、ニューヨーク州生まれ、エジプト出身。主にスタンダップ・コメディアンとして活動する一方、TVシリーズ「NCIS: LA ~極秘潜入捜査班」(13)、「サイバー諜報員~インテリジェンス~」(14)などに出演。
彼を“発掘”したティクヴァ監督は、「信じられないほどユーモアのセンスがあるし、彼自身の生活には中東のルーツと西洋の影響がおもしろい具合にバランスよく共存している。まさにアランの前に現れたユセフのように、どこからともなく現れたんだよ」と称える。

サリタ・チョウドリー|ザーラ・ハキム

1966年、イギリス、ロンドン生まれ。ミーラー・ナーイル監督、デンゼル・ワシントン共演の『ミシシッピー・マサラ』(91)でスクリーンデビュー。同監督の『カーマ・スートラ/愛の教科書』(96)で注目を集める。TVシリーズ「HOMELAND」(11~14)、『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』(14)と後編『~レボリューション』(15)でも知られる。

シセ・バベット・クヌッセン|ハンナ

1968年、デンマーク、コペンハーゲン生まれ。デンマークの大ヒットTVシリーズ「コペンハーゲン/首相の決断」(10~13)で、主人公の女性首相を演じて人気を獲得、デンマークのテレビフェスティバルで主演女優賞を2年連続受賞する。ロン・ハワード監督の『インフェルノ』(16)でトム・ハンクスと共演、WHO事務局長という重要な役を演じている。

ベン・ウィショー|デイヴ

1980年、イギリス、ベッドフォードシャー州生まれ。トム・ティクヴァ監督とは、『パフューム ある人殺しの物語』(06)、『ザ・バンク 堕ちた巨像』(09)、『クラウド アトラス』(12)に続くコラボレーション。『007 スカイフォール』(12)、『007 スペクター』(15)のQ役で広く知られる。
最新作は、エミリー・ブラントがメリー・ポピンズに扮するロブ・マーシャル監督の『Mary Poppins Returns』(18)。

トム・スケリット|アランの父 ロン

1933年、アメリカ、ミシガン州生まれ。リドリー・スコット監督の大ヒット作『エイリアン』(79)のダラス船長役で世界にその名を知られ、数々の映画、TVシリーズで強烈な印象を残している。「ピケット・フェンス ブロック捜査メモ」(92~96)では、エミー賞を受賞し、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。近年では『テッド』(12)で注目された。

Staff

Staff

トム・ティクヴァ写真

トム・ティクヴァ|監督・脚本・音楽

1965年、ドイツ、ヴッパータール生まれ。ベルリン自由大学で哲学を学ぶ。1993年、『マリアの受難』で長編映画監督デビューを果たす。斬新な映像で話題を呼んだ『ラン・ローラ・ラン』(98)が海外でも大成功を収め、世界各国で30以上の名誉ある映画賞を受賞する。2006年、ベン・ウィショーを主演に迎えた衝撃作『パフューム ある人殺しの物語』(06)では、その芸術性が高く評価される。クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ主演の『ザ・バンク 堕ちた巨像』(09)では、サスペンスで優れた手腕を見せる。映画音楽家としても知られ、ラナ&アンディ・ウォシャウスキーと共同監督を務めた壮大な叙事詩『クラウド アトラス』(12)では、ゴールデン・グローブ賞音楽賞にノミネートされる。
その他の監督作は、『ウィンタースリーパー』(97)、『プリンセス・アンド・ウォリアー』(00・未)、ケイト・ブランシェット主演の『ヘヴン』(02)など。

デイヴ・エガーズ写真

デイヴ・エガーズ|原作

1970年、アメリカ、イリノイ州生まれ。イリノイ大学に進学するが、両親が相次いで癌で亡くなり、大学を中退して当時8歳の弟と共にサンフランシスコに移る。弟を育てながら送った青春の回想記を「驚くべき天才の胸もはりさけんばかりの奮闘記」として出版、ニューヨークタイムズのベストセラーリストに14週連続でランクインし、ピューリッツァー賞にノミネートされ、一躍時代の寵児となる。本作の原作小説「王様のためのホログラム」(早川書房刊)でも全米図書賞にノミネートされる。「ザ・サークル」もトム・ハンクス主演で映画化され現在ポスト・プロダクション中。また、『かいじゅうたちのいるところ』(09)の脚本、『プロミスト・ランド』(12)の原案を手掛けている。 出版社マクスウィーニーズを立ち上げ、そこに移民家族の子供たちの読み書き支援センターを併設するなど、社会活動家としても精力的に活動している。

PrevNext